在籍確認なしのカードローンはある?電話なしでバレずに借りる

会社に連絡なしのカードローン在籍確認について

 

カードローン申し込みには必ず行われる審査が在籍確認です。

在籍確認なしのカードローンをお探しの方は必見!

 

電話以外の方法で在籍確認が可能だからバレずにカードローンができます。

 

在籍確認とは、カードローン申込みの段階で入力した勤務先情報で審査を行っていきますが、その勤務先の情報に間違いが無いか、偽りがないかを確かめるために在籍確認が行われます。

 

なぜ在籍確認が必須とされるのかは、消費者金融は無担保での融資が基本となっていますので、貸す相手が返済能力があるかどうかをチェックしなくてはならないのです。返済能力があるかどうかは仕事に就いてるかどうかになります。

 

在籍確認の電話なし、職場にバレないカードローンを実現するために

 

在籍確認は何も電話にこだわってるわけではないので、アコムやプロミスなどの大手消費者金融だと在籍確認の電話が困難な場合その旨を担当者に伝えれば在籍確認電話を回避することができます。ですが、上記にも記載した通り、在籍確認の審査は必ず行われるもので、回避できません。

 

会社に電話なしで、つまり電話以外の方法として在籍確認は、具体的にどのような手段で行われるのかと言えば、勤務先や収入が分かる書類となります。社員証や収入証明書、健康保険証、給料明細などです。

 

正社員であれば社員証がありますが、パートやアルバイトや派遣会社の方の場合は数か月分の給料明細書を提出する方法が多いです。これらの書類を選び、写メ画像を送信するだけなので来店することもなく、手間もかからずとても簡単です。

 

審査も書類審査は迅速に行われるので土日や連休でも即日融資が希望の場合も可能です。

 

このようにアコムとプロミスでは在籍確認なしで即日融資が可能という大変うれしい対応力があります。

 

周囲に不審がられることなくバレないカードローンができますし、コンビニATMでの利用の際も安心です。

 

だけど、電話での在籍確認も会社にバレない工夫がされていたってホント?

 

本当です、プロミスやアコム等の大手の消費者金融の在籍確認の電話には色々とプライバシー保護の為にバレないカードローンを提供しようと工夫がされています。

 

バレないカードローンその1=消費者金融の会社名で電話をせずに、担当者の苗字で電話をかける。

 

バレないカードローンその2=同僚が折り返しの電話をかけてもバレないように非通知の携帯電話でかけてくれる

 

バレないカードローンその3=電話をかける担当者の性別を指定できる

 

バレないカードローンその4=在籍確認のタイミングを自分で好きな日時に指定できる

 

これらの配慮により職場で不自然にならない在籍確認が実現できます。

 

では、在籍確認の電話の内容はどんなもの?

 

内容としては、個人名で職場に電話をし、本人が電話に出たケースでは、審査結果はどこに知らせればいいでしょうか?と聞かれるだけで、時間にすると1分程度で終了します。

 

本人が勤務先に不在だったケースでは、職場の同僚が「席を外しています」と不在を伝えるだけで在籍が取れたことと認められ、それ以上の電話はかかってきません。

 

在籍確認のタイミングはいつなの?

 

タイミングの日時は自分で指定可能です。都合のいい時間帯などを消費者金融側にリクエストするといいでしょう。在籍確認が実施される段階的なタイミングとしては最終段階になるので、カードローン申し込みをした瞬間から大体1〜2時間以内に完了するでしょう。

 

こちらも参照=在籍確認なし キャッシング

 

カードローン在籍確認審査では何が行われる?

 

カードローン契約までの様々な種類の審査を紹介

例えば収入がどのくらいあるか、どこに働いていて何処に住んでいるかなどありますがこれを確認するのに在籍確認が必要になってきます。

 

実際に確認では電話での確認になるのでそこの場所で電話を受けないといけなかったり、基本固定電話なので家だと家族が電話に出たり、会社だと他人が電話を受けることによって自分が借り入れをしようとしているのが分かるんじゃないかと気になる方もいるかと思いますがそんな方にも安心してご利用出来るように在籍確認なしで借り入れ出来ます。

 

インターネットで申込みも便利ですが、さらに在籍確認の審査の間もこれなら指定された時間にそこにいないといけないという心配もないですし、審査もスムーズに出来ますので借り入れまでの時間も早く、お急ぎの方にも大変便利になっております。

 

カードローンには、一般的にお金を借りることが出来るフリーローンとは別に、事業者ローンがあります。

 

主に中小企業を対象とした無担保のローンのことをいいます。

 

つまりは保証人や担保を立てずに、短時間の審査ですぐに融資を受けられるため、最近ではとても需要が高まっています。事業者ローンの融資元は様々で、銀行だけでなく、ノンバンク系の消費者金融からも融資を受けることが可能なのです。

 

以前は、銀行の融資といえば上場企業などの大手企業に集中していたような感じがありますが、近年では中小企業向けの融資も人気になってきています。

 

こうした中小企業に対するローンは、大銀行だけでなく、地方銀行や信用金庫、その他の民間の金融会社などもこのサービスを強化しているようです。

 

これから起業したいという人や、会社の資金繰りを担っている人にとって、資金の調達はとても重要です。

 

なるべく早く資金を調達したい時は、貸金業者などのノンバンクの事業者向けのローンがおすすめです。

 

早いところならば即日で、多くの事業者ローンは2〜4日あれば融資が受けられます。

 

通常はスコアリング審査という方法で、融資の際には行われています。

 

コンピューターに審査の内容を入力することで、過去のデータ蓄積を元にその内容を数値化し、相対的に評価することで数字としてわかりやすい審査の結果を出すというものです。

 

融資上限額はわりと低額で、手数料や金利が高くなりやすい傾向があります。

 

信用金庫や銀行の事業者ローンは、審査結果が出るまでの期間が長いケースが増えますが、低金利で大口融資も可能になってきますので、余裕がある人にはこちらのほうが使いやすいといえます。

 
更新履歴
page top